トップ

葬儀故人の信仰と礼節

葬儀 香典とその注意点

葬儀によって考えることとは

仏教の場合、一般的に葬儀の際には香典袋を用意します。表書きは御霊前が一般的ですが、相手方が浄土真宗であれば、御仏前と書かれたものを使用します。蓮の絵が描かれているものは仏式のみとなっているので気を付けましょう。なお、通夜などとっさの場合はご霊前で構いません。神式の場合は無地ののし袋に白黒の水引のものを使用し、表書きは御霊前か御玉串料、御榊料とします。キリスト教の葬儀の場合は御霊前か御花料とします。ただし、御霊前は使用できない派もあるので、どの派かわからない場合は御花料の方が無難です。百合の花や十字架が書かれているものはキリスト教のみに使用できます。

知っておきたい香典のマナー

葬儀に香典を持参する時にはいろいろなマナーがあります。お金は弔事用ののし袋に入れて、のし袋の下段に薄墨で名前を記します。薄墨を使うのには、悲しみの涙で墨が薄まったという意味があります。香典を連盟で贈る場合は、年長者や役職者から順に右側から名前を記載し書ききれない分については別紙に記入してのし袋の中に入れます。上段には、葬儀を行う家の宗派に合わせてご霊前・お花料・玉串料などと記入します。お金は新券は避け、きれいなお札は一度折り目を付けてから袋に入れます。またお札は、袋の正面に裏面がくるように封入するのがマナーです。

↑PAGE TOP

Copyright © 葬儀 香典とその注意点. All rights reserved.